CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ソフィア・コッポラ「ロスト・イン・トランスレーション」
ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション


ビル・マーレイが、とても外国人ぽい・・・


スカーレット・ヨハンソンと一緒に、日本人は○○とか、
しゃぶしゃぶは最低の料理だとか言ってる姿は
そこらに居る外国人に対する違和感と同じ感じを受ける。
外国人だから当たり前のことなんだけど、そこから、
この映画に流れる歪みにすんなりと入っていける。そういう
仕掛けがこの監督は得意なのか、自分が単に同調しちゃうのかは
わからないけど。


社会の中で、身の振りを考えたり、正しい事だけではない
対人関係のなかでうまく対処していくとき、未だに
疑問を払拭できずに、無理に押し込む自分が居る。
年をとったら慣れていくはずだ、と宥めながら。

でもきっと、それは慣れるわけではないのではないか。
押し込め方がうまくなるだけなのでは?



「年をとったら慣れていく?」

22歳で結婚したばかりの女性に、忘れられた映画スターが
話す愛情の話。それは子供を持つ人間の事実ではあるが、
それを確かな答えとしては話していないように見える。
この女性が持つ、世間と自我との軋みと同じものを含んでいて、
そこが二人の何ともいえない距離に繋がっていそうだ。
息苦しいくらいに切ない。


ところで、この映画に出てくる東京の街並み、
東京出身の方はどう見えただろうか?

自分が初めて東京の街を見た感想、実は
「楽しすぎて二度と行きたくない」
という映画のセリフと全く同じだったんです。
今ではあまり気に留めないけど・・・



| 映画 | 04:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/9PAGES | >>